プロフィール

崖っぷちサラリーマン

Author:崖っぷちサラリーマン
こんにちは!
楽しいブログ、役に立つ情報を発信していきますので
是非よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日雇いバイトとネットカフェ難民

お疲れさまです。


今帰ってきました。

今日は、疲れたので早めに寝たいと思います。

やっぱり睡眠は大事ですね。
ある程度寝ないと思考能力が落ちてきます。

もちろん寝すぎも良くないです。
みなさん気をつけてください。

気をつけるといえば本当にここ何年かでネットカフェ難民って
増えましたね。

実はネットカフェ難民と日雇いアルバイトには深い関係があるようです。
生活の場を24時間営業の漫画喫茶やネットカフェにしている人々がいます。
この人たちの多くがこれまで暮らしていたアパートや実家をいろいろな
事情や家賃滞納などを理由に退去してきているのです。

この日雇いアルバイトに行きながらネットカフェで生活している若年層が
俗にいうネットカフェ難民なのです。

一般的に働く意思を持たない路上生活者とは対照的に、
ネットカフェ難民は働く意思を持っています。

2007年時点で推計され発表されたネットカフェ難民の数は
5400人にものぼります。

50歳代から30歳代といった幅広い年齢層にネットカフェ難民がいるようで、
驚くことに女性も4割ほどいるようなのです。

ネットカフェ難民の雇用形態は非正規雇用が中心です。
家賃・光熱費など数万円のまとまったお金が収入として定期的に
入ることがないのがこの日雇い派遣です。

日払いのアルバイトの場合、その日の賃金が生活を維持することに
使われるだけではなく、毎日仕事があるとは限りません。

このような人たちはナイトパックで深夜の滞在が安価でなネットカフェで、
店内にあるシャワーを使い、あくまで最低限の生活を維持しているのです。

ネットカフェ難民は口座を開設できません。
住所を持っていないからです。
月々まとまった給与が捻出できないので、必然的にその日暮らしとなり、
そのため社会的に不都合な部分があまりにも多すぎることになります。

是非みなさん、ネットカフェ難民にならないよう日々頑張りましょう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。